対応デバイスを考える

ベッドにうつ伏せる下着姿の女性

風俗の営業広告を載せる担当に決まったら、まずは店舗に合った営業広告を載せることが出来る風俗サイト探しをする必要があるでしょう。良くも悪くも日本という国は性に関して非常に寛容な国民性があるため、風俗系のサイトも非常に多い数が存在しています。どれを選ぶかは店舗のカラーや担当者のセンスによって変わってくるでしょうが、ただ単に憶測だけで営業広告の掲載依頼をしてはいけません。まず初めに考えたいのが掲載するサイトの対応デバイスの広さです。一昔前まではWEBサイトの閲覧といえばPCを使用してフルブラウザで閲覧するというのが一般的でした。しかし時代が進むに連れ携帯でWEBサイトが閲覧できるようになり、そして最近ではモバイルOSの出現によりフルブラウザを搭載したスマートフォンで見ることも出来るようになっています。そしてスマートフォンとPCの利用率は圧倒的にスマートフォンが高く、勿論WEB閲覧デバイスもスマートフォンが多くなっているという傾向があります。つまり単純に広告を掲載するサイトがスマートフォンなどのモバイルデバイスに対応していない場合は半分以上のサイト利用者を弾くということになり、その分営業広告を見る方の数も少なくなるでしょうし、営業広告のコストパフォマンスも悪くなってしまうでしょう。
今の時代WEBサイトの大半がモバイルとPCの両方に対応していますが、技術の浸透が遅い風俗関係のサイト業界は比較的対応のスピードが遅いという傾向があります。未だにPCにしか対応していないWEBサイトも多く、こういった遅れ気味のサイトを選ぶのは担当者としてはあまり懸命ではないといえるでしょう。最低でもモバイルとPCに対応したサイト、欲を言うとガラパゴス携帯のブラウザにも対応しているサイトをピックアップして、多くの利用者に営業広告を見てもらい、そして利用してみようと思わせるような環境を作る必要があります。