掲載サイトの種類

床に寝そべる上半身裸の女性

初めて風俗の営業広告を掲載するという時はどういったサイトに掲載していいのかわからないでしょうが、風俗の営業広告を掲載することが出来るサイトは以外にも多くあります。沢山の数があり、それぞれで特徴があるわけですが大別すると5つのカテゴリーに分けることが出来ます。まず多くの方が利用する風俗サイトとしてポータルサイトがあります。ポータルサイトの特徴は風俗関係の記事を書いたり、風俗情報を紹介する総合的な場所で、様々な情報が載っている分利用者が多いという特徴があります。風俗を利用しようか考えている方がとりあえず訪れる場所でもあり、比較的ライトな層が多く集まります。こういったポータルサイトに載せる営業広告は若者向けだったり、既にある程度店舗の利用者があり評価されている店舗の広告が最適と言われています。SEO特化型サイトは検索エンジンからの評価対策がされているサイトで、ポピュラーなキーワードでも検索エンジンで上位に表示されやすいように対策が施されています。ポータルサイトとまではいかずとも、それなりの利用者が存在し、PV数も多いです。ですがポータルサイトよりも比較的安い掲載料で営業広告を掲載することが出来る特徴があり、中規模の店舗の広告掲載に最適です。
専門系と呼ばれているサイトはその名の通りフェチズムを扱う店舗の情報を集めたサイトです。ニッチな層に強い特徴があり、ニッチサイト特有のコンバージョン率が高いという特徴を持っています。例えば風俗店舗がSMなどのフェチ傾向のある場合はこういった専門系のサイトへ営業広告を載せたほうが効率は良くなります。掲載料に関してはサイトのカラーが大きく、コンバージョン率が高いからこそ比較的高めの掲載料が必要になることも多いです。自動更新サイトは更新が事前に組まれたアルゴリズムによって行われるサイトのことです。寄生型と呼ばれることもあり、他のサイトと連携して情報を取得し掲載を行っていきます。例えば風俗店舗のランキング等を紹介するサイトや、キャンペーン情報を紹介するサイトは別サイトのAPIを用いたりRSSを利用して情報を取得し、コンテンツとして装飾を行い掲載します。サイト運営者はサイトの更新をする手間暇が必要ないため一番安い掲載料で営業広告を載せることが出来ます。ただコンバージョン率は低く、広告に何かしらの目玉となるキャンペーンなどがなければアクションを起こす方も少ないです。